きつけ教室|岡山県の長沼静きもの学院岡山校の噂

こんにちは。皆さんお元気でしょうか。今回もキモノがテーマの記事です。
普通の伊達締めの場合は、普段着の着物でこぶし1つ分、礼装でこぶし1つ半です
両脇ぬいを持って少し下に引き、すそつぼまりのシルエットを作ります。
比翼重ねえりも、引き締め気味にするとキリッとした印象になります。
豪華な雰囲気をかもしだすことができることから、ミスの式服の代用にもなります。
角だしの着付けをしてみましょう。
すそはほこりやどろ、砂などを巻きあげて汚れやすいところです。裏側もしっかりチェックしましょう。
のどのくぼみあたりで襟を合わせ、右手で右の胸下を押さえ、身八つ口から左手を入れて襟合わせを確認します。
着物を大切にするためには必要なことです。
意識して胸を張り、姿勢よく、すそがめくれないように注意しながら外股にならないようにしましょう。
袴の越部羅を帯に差し込み、ひもを前に回します。
帯の位置は、あまり胸高にしないほうがいいですね。
呉服の販売店の中でも、兵庫県の「株式会社鈴花姫路店」が女性中心に大好評のお店です。
但し、念の為付け加えておきますが、お昼のテレビ番組でちょっとだけ見かけた噂話ですので真実かどうかのチェックはご自身の目でお願いします。
私の家からは非常に離れているので訪れることが難しいのが気持ちの中では不本意と感じています。
[PR]

by kimono21 | 2013-06-25 05:06 | 着物の着付け