きつけ教室|神奈川県のたちばなや着付教室の人気者

こんにちは。皆さんお元気でしょうか。今回も着もののきつけがテーマの記事です。
シャツは襟元から見えないように、V字のものが望ましいでしょう。
肌に直接触れる下着(肌じゅばん)から、そのほか裾除けなど、
腰ひもを1本使用します。すべりにくくて絞めやすい「モスリン」がいいでしょう。
着付のときの帯枕は、手ぬぐいを縦半分に折り、きつく巻いてガーゼにくるみます。
アクセサリーで遊び心を加えると、いっそう華やかになります。
長襦袢を着たら、着物を後ろからはおり、長襦袢のたもとを持ちながら手を通します。
お葬式においては、亡くなった方やそのご遺族の悲しみを配慮し装いをすることが大切です。
えり肩あき内側に半紙を折って入れ、比翼えりはしわが出ないようにします。
大きなお子さんには着丈にあげ寸法の3分の1を足したものの半分があげ山にくるようにすると形よくなります。
テ先を左上に折り上げ、その上からタレをかぶせます。
両えりを持ち、背縫いを持って浴衣を持ち上げ、すそ線を決めます。
着物のお店屋さんの中でも、特に東京都の「合資会社ひらさわ呉服店」が年配の女性中心に大好評のお店です。
一応書いておきますが、お昼のテレビ番組で少しだけ見たウワサ程度の話ですのでチェックはご自身の手でお願いします。
私の家からはとても遠いので行くことが無理なのが心情的には申し訳ないと思うのです。
[PR]

by kimono21 | 2013-05-07 07:40 | 着物の着付け